ぼちぼち、日記。

snowart.exblog.jp

もしやあれは・・・

昨夜のごはんはカレーライス。
干し野菜にしたにんじん、ぶなしめじ、たまねぎに
じゃがいも、鶏肉で。

以前にも書いたことがあるかもしれませんが・・・。
カレーを作るたびに思い出すのが
もう20年以上前に食べた「カレーライス」です。

中学生の時に母方の親戚が亡くなり、たぶん通夜の前
だったと思うのですが、葬儀会場で近所のお母さん達が
食事を用意してくれました。
今は葬儀会社で食事も手配するのが主流かもしれませんが、
当時は「葬儀は近所総出でお手伝い」がごく普通にあった頃
です。


そこで出たのが「カレーライス」なのですが、母がいつも作る
トロ~っとしたルーではなく、スプーンでルーをすくい、白い
ごはんの部分にかけると、ご飯粒をするりと通り抜けました。
ルーの立場からすると「えっ、今、ごはん、いたの?」
ぐらいに。
かけてもかけても何の抵抗もなくお皿の底にルーがたまって
いくのです。
「トロ~」なカレーしか知らないその頃の私は内心驚きつつも
そのまま食べ、葬儀に参列しました。


時は流れて。
北海道に「スープカレー」が誕生しました。
私が初めて食べたのは長男がお腹にいる頃で、妊娠中のため、
やたらと汗をかきながら食べた記憶があります。

現在、ただ普通に食べるだけで派手にこぼす子供達には
スープカレーはまだ早いと、母と同じトロ~っとしたカレーを
作るのですが、台所でルーを何個入れようかと鍋に向かい
ながら考えていると、あの葬儀の時に食べたカレーは
もしかしてスープカレーの起源、そしてスープカレーブームが
来た時が「やっと時代がこちらに追いついた」瞬間だったの
かもしれない・・・などと勝手な解釈をしてみました。
ふふふ。
[PR]
by snow-art | 2013-07-20 23:42 | Comments(0)